シェアオフィスとレンタルオフイス

シェアオフィスというと、フリーで働いている人が一つの部屋のあちこちで、それぞれ仕事をしている様子を思い描く人もいるようですが、これは、厳密にはコワーキングスペースと呼ばれます。コワーキングスペースは、時間単位、1日単位で利用できるようになっているので、その日の都合に合わせて自由に利用することができます。中には月額料金を支払って、月のうち何日間かを利用するという契約ができるところもあり、オフィスとしての住所登録もできるコワーキングスペースもあります。

 

一方で、シェアオフィスは、月単位、年単位で決まったスペースを契約するようになっています。シェアオフィスは、一つのオフィスを複数の会社で利用する形式が多く、机ごとに会社が違う、というイメージです。中には、パーテーションなどで仕切って、少しでもプライバシーを確保できるようになっているシェアオフィスもあります。

 

レンタルオフィスは、一つのフロアを共有する場合でも、それぞれの会社がきちんと個室に分かれていて、プライバシーが保たれるようになっています。
いずれの場合も、家具や備品、インターネット接続の環境なども整っているため、すぐに仕事ができるのが大きなメリットです。