ホルモンの変化は髪にも多大な影響があるのです

PR|艶やかさが人気のシャンプー|

黒くて艷やかでしっとりまとまる髪、誰もが憧れる健康な髪質だと思います。しかしながらみな髪への不満はあり、とくに日本人は多い、太い、硬いといった悩みが多く聞かれます。逆に髪が少なく、細く、柔らかいといった髪でも悩みはあり、ないものねだりのようにも見えますがみな真剣に自分の髪と向き合っています。
女性は妊娠出産を体験すると、子供へ栄養が取られるせいか髪が痩せてきたり、また出産後はホルモンバランスが崩れ今までにない脱毛を経験することがあります。濡れた手で撫でただけで手に大量の髪がついてきたり、掃除してもすぐまたそこに髪が落ちている、髪を結っていないと調理をしていても落ちてくる、など心配になるくらい大量の抜け毛を目にします。お風呂に入れば排水口に大量の毛が集まっていたりこのまま髪が減ったままだったらどうしようと不安になるほどですが、3ヶ月くらいたつと抜け毛も落ち着いて新たな髪がツンツン生え始め、これもまた扱いにくい時期に突入するのです。産後は自分のケアなどできないくらい忙しく、体力も奪われ母乳では自分の血液も減るので栄養不足となります。その結果髪もだいぶ痩せてパサつき、乾燥して痛みやすくなります。寝不足なども身体に負担があり、お肌のケアも忘れるくらいなので髪をいたわることもしばらくできないくらいです。とはいえ、自分を大事にすることは育児に向かっていく気力を補うことでもあると思います。少し落ち着いて時間ができたら、ゆっくりお風呂に入ったり睡眠をとったり、栄養のある食事を摂って自分を労ってあげましょう。産後の回復は人それぞれ違うので若い方はすぐ体力が戻ることもありますが、高齢出産だとそれもだいぶゆっくりです。そしてまもなく更年期障害も現れる時期です。若い頃からホルモンの変化をともに生きてきた女性の身体は、ホルモンバランスが崩れることで身体にも髪にも多大な影響を受けています。年齢に抗うことはできませんが、いつでも自分の身体に向き合い、生活は髪にも直結していると自覚することで健康な髪を手にすることができるのではないでしょうか。

PR|英語上達の秘訣|オーディオ|生命保険の選び方|住宅リフォーム総合情報|マッサージのリアル口コミ.com|GetMoney|JALカード|家計見直しクラブ|サプリメント|健康マニアによる無病ライフ|アフィリエイト相互リンク|お家の見直ししま専科|生命保険の口コミ.COM|SEOアクセスアップ相互リンク集|心の童話|サプリメント|クレジットカードの即日発行じゃけん|